xcode7でアイコンを設定したら、プログラムで画面サイズを取得してるところがおかしくなった

事象
アイコンを設定しようとしておりました。
以下の流れで実施しました。

左ツリーの一番上クリック、TARGETSのiOSをクリック、Generalをクリックして
App Icons and Launch ImagesのApp Icons Sourceを選択

gazotest0_xcodeproj

use asset catalogをクリックする以下の画面が表示されます

gazoTest_xcodeproj

Migrateをクリックすると以下のように設定が変更なりました。

gazoTest_xcodeproj1

よく見るとなんにも触っていないLaunch Images Sourceも変更されておりますが
作業時は一切気づいておりませんでした。

この後、AppIconの右側の矢印をクリックしてアイコンを設定し、
アイコンが反映されているかをシミュレータで検証したら
ゲーム画面の表示がおかしなことになっており、
プログラムでiPhone6 Plusの画面横幅を取得させたら

”960”となってました。

@shinichi399さんよりTwitterで
「Default.pngを設定してる解像度に対応するんで、設定したら直ると思いますよ。」
と教えていただき、やっとLaunch Images Sourceを設定しないといけないんだなと理解しました。

Launch Images Sourceで
各サイズのDefault.pngを設定して、再度iPhone6s plusのシミュレータを実施したところ
うまくいきました。
@shinichi399さんほんとうにありがとうございました。

ちなみに各サイズのDefault.pngはまだ作ってなかったので
以下のサイト様の画像を使わせていただきました。
iPhone6/iPhone6 Plus画面対応用の起動画像を用意しました
ありがとうございました。

【cocos2d-x】USING_NS_CCを書かないと駄目だということがわかりました

一通り、最初から実装されている”HelloWorldScene.cpp”で試した後に
あたらしくクラスファイルを作成し、そろそろアプリを実装していこうとしたところ
“cocos2-x”のクラスを使って処理を書こうとしたところ
毎回「”cocos2d::”をつけないと駄目よ」的なメッセージが出る。

続きを読む

【アプリ開発日記】ファミコン風フォントを使用する。【cocos2d】

世代的に、一番熱中したゲームと言えばファミコンになってしまいます。
※大人になってもプレイしていたバーチャファイターは除きますけどw

そんなファミコン風のフォントを使用したいと思ったときに
Xcodeにフォントを追加する方法を調べましたのでメモしておきます。

続きを読む

【アプリ開発メモ】敵の動きを作るpart2【シューティングゲーム】

前回の記事で配列からデータを読み込んで敵の動きを作る部分を実装しました。
そこからさらに、plistを作って
plist → 配列 → クラスの引数

という方針で敵を動くように実装しました。

ただ、このplistを作るのがめんどくさい。

いちいち敵の動きを想像して、
敵の座標を手入力でplistに入力しないといけないのか!!!

と、仕事中にぼーっと考えてたのですが

これ逆に考えれば

指でなぞった部分の位置情報をplistにしてくれれば
いちいち想像でつくるより簡単じゃないですかね?

やってる人いないかな
ソース欲しいなw

なければ自分で作りますけど。

探す。