【読書】やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

1:はじめに

書店で本のタイトルに惹かれて買ってしまいました。
「意思力を使わずに自分を動かす」とは一体どういうことなのだろうと。

自分を動かすのは自分自身。つまり意思がなくては
動くはずがないと思ってた私は、興味本位でこの本を買ってみました。

続きを読む

【読書】渡辺流「勝つ」極意 -勝負心-

はじめに
渡辺明竜王をご存知でしょうか?
将棋が好きな方はすぐにわかると思いますが、
私はどなたか知りませんでした。
そもそも将棋には興味がないのですが、
本についている帯に
【天才・羽生善治が最も恐れる男が明かす「勝つ」極意】
と書かれておりました。

羽生善治さんは私でも知ってる方ですし、
将棋という世界で、いくつもの永世称号を獲得されています。
将棋界で伝説級の活躍をされているのです。

そんな、羽生善治さんがもっとも恐れる人間が
どんな考え方で、将棋という勝負の世界を戦っているのか
少しでも触れられたらと思いこの本を購入致しました。

続きを読む

【読書】「小飼弾の 「仕組み」進化論」を読んだ

はじめに
2009年に出版されている書籍ですが
「仕組みを作る。」という言葉にとても惹かれてしまい購入しました。

私自身、今の仕事以外でなにかお金を稼ぐ「仕組み」が欲しくて
iPhoneアプリを作成したり、去年であればPHPなどを使い
とある会社のWebサービスの開発を手伝ったりして
なんとか自分でお金を稼ぐ「仕組み」を模索しております。
(この場合【技術】と言うかもw)

じゃあどんな風に、自分の「仕組み」を作っていけばいいのか
これからの「仕組み」はなんなのか?
ヒントを頂けたらと思います。

「生きるための仕組みのヒントが欲しい!」

続きを読む

【読書】「目覚めよ! 日本経済と国防の教科書」を読みました

みなさんに読んで頂きたい本です!

はじめに
私は別に右翼とか左翼とかではない

しかし、自分の中で何かが目覚めたというか
新しいことに気づかされた。

この本に出てきている「お花畑思考」に浸かっていた自分がとても悔しい。
そして今現在日本が隣国からうけている行為にしても
なぜもっと危機感をいだいてこなかったのかと
自分が情けなくなる。
そしてほんの少しでも自分で自分たちの国を守るという意識を持たねばならないなと痛感した。

「日本は戦争中?」
そう感じたのは、今年の頭に日本の”護衛艦”に
中国のフリゲート艦からレーザーが照射された事件があった時だ。
これはつまり、「こめかみに拳銃をあてられている」状態。
逆らったら撃つぞの威嚇行為以外のなにものでものない。

しかしこのときすでに、尖閣諸島と周辺の領海、領空になんども
中国は侵入しており、実はすでに戦争が始まっていたかもしれない。

この本は、危機感をもってない日本人への
日本国民への自分たちの国は、自分たちで守るんだと言う意識改革を促す本だと思います。

続きを読む

【読書】「雑談力が上がる話し方」を読みました

はじめに
今年の一月ぐらいに「あなたに足りないのは段取り力」で
同じ著者の齋藤孝さん【段取り力】と言う本を読んでいます。
とてもいい本でしたので、同じ方が書かれているということで
今回読んでみました。

「雑談力」いままで考えたことがなかった単語でした。
ただ、普段から周りと雑談できる人間って
「人間力」があるなと思っていました。
(なんでも感でも”力”ってつければいいってわけではないのですが)

それはなぜかと言いますと、
雑談することによって普段から
話しやすい空気を作っているので、
雑談が苦手な人間よりも周りから
助けてもらいやすい傾向があると思ってます。

そんな自分を助けてくれる(と私が勝手に思っている)雑談力。
それが上がる話し方があるならば勉強してみよう、
と思い読んでみました。

続きを読む