【あの、アニキになれる アニキカメラリリースしました】アプリ開発日記(9/9)


今日のテーマ
【ちょっとだけリリース情報と思い】

icon1024
あの、アニキになれる -アニキカメラ

サポートページはこちら

時間かかりました。
ゲームのアプリと違って画像ファイルの準備がほとんど必要なかったのに
1ヶ月以上かかりました。



今回苦労したのは
•AVFoundationというフレームワークを使用したカメラ
•CIDetectorとかいう顔認識

この二つがもうひどい。
自分のたった一つの思いつきだけで、こんな苦労すると思いませんでした。
それはこんな思いつきでした。
“アプリを起動したら、すぐカメラが立ち上がるといいなぁ。”
“デフォルトのカメラと違うのがいいなぁ”
(デフォルトのカメラもすぐ立ち上がってるんですけど、、、なぜか当時気づけてないという)
その後いろいろ探してAVFoundationをつかうことに。

顔認識もカメラで撮った顔を認識させるのが、
またしんどかったです。。。

しれっとやってるアプリすごい!と思いながら
毎日Xcodeとにらめっこしてました。

カメラから取得した画像を半回転させないと顔認識しない。。。
でもサンプルでコードに突っ込んでた画像は
半回転しなくても顔認識するとか、、、
「なんだよそれ!!」って何回言ったことでしょうw

さらにさらに、画像をすこし縮小してるからか
目の位置やら顔の位置の情報がすこしずれますし、
多分合成する画像の大きさとかも関係してると思うのですが
ここでもまた「なんだよそれ!!」ってぶつぶつ言ってました。
(※今も思ってますけど!!!)

とりあえず
そんなこんなで、「なんだよそれ!」を連発しながら出来たのが
今回のアプリ「あの、アニキになれる -アニキカメラ」です。

当初の考え通り
【カメラの顔検出を使って、お馬鹿なアプリを作る】アプリ開発日記(8/3)
「ちょっとおバカなカメラアプリ」が出来ましたので
一度(と言わずたくさん)お使いいただけたらと思います。