【アプリ開発日記】画像ってタグで毎度呼び出すの?共通変数的なものを使うの?


本日、スタートメニュー部分を作成していたのですが
処理の流れ上、違う関数でメニュー部分に対してもう一度処理をながすような
コードを書いていたのですが、

処理の流れ:
スタートボタン押下 → スタートボタンフェードアウト 
→ ゲームの難易度と戻るボタンフェードイン → 戻るボタン押下
→ ゲームの難易度と戻るボタンフェードアウト → スタートボタンフェードイン

こんな感じなのですが、



当初、メニューの設定はinitの中に
CCMenuから書いていたのですが、init以外で使用するので
外で宣言して、別の関数でも使えるように変更しました。

じゃあそれでいいじゃん。

と思うのですが、
ゲーム上で動く画像に対しては、
enumとかを使用して(これって構造体?)タグをふって
関数のなかで、毎回そのタグで再度、指定の画像を取り出してから
処理を実施しております。

書いてて楽なのは、変数を外で宣言して
いろんな関数で使い回すの楽なのですが、
なんか、タグを使用しているプログラムの方が
良さげなのかしら?

とか思ったりしているのですが、、、
独学だとこの辺がわからないですよね。

とりあえず、素人的な考えだと
外で変数を宣言していると、ずっとメモリをくったままだから
最終的にゲームが落ちやすくなる

ので、タグを使った方がいい。

ですが!
そこまで重いアプリじゃないので、今のところ大丈夫!
気にする必要はきっとない!(希望)